LOADING

KOTOBUKIHOME/寿ホーム・株式会社寿土地建物

十勝・帯広の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら「寿ホーム」

見学会の
お申し込み
お問合わせ
資料ご請求

寿ホーム

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 帯広 新築 中古 どっちが良いの!?
729

帯広 新築 中古 どっちが良いの!?

新築住宅と中古住宅のどちらが良いかは、個々の状況や優先事項によって異なります。以下に、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

新築住宅のメリット


  1. 新しい建物

    新築住宅は建築基準に則って建てられており、最新の設備や施工技術が取り入れられています。耐震性や断熱性などの面でも優れていることがあります。

    特に当社は構造計算をしているため震度6強などの地震が来ても安心して暮らせます。


  2. メンテナンスの少なさ


    新築住宅は建物や設備が新しいため、メンテナンスや修繕の必要性が少ない場合があり、長期的な負担が少なくなることがあります。

    また住宅保証が付いていることが多いです。一定期間内に発生した建物の不具合に対して、無償で修理・補修を受けることができるため、安心感があります。
  3. デザインや間取りの選択:

    新築住宅では、自分の好みやライフスタイルに合わせてデザインや間取りを選ぶことができ、自分の理想の住まいを実現することができます。




新築住宅が建設される場合、同時期に住み始める人々が集まることがあります。新しいコミュニティが形成されるため、近隣との交流や社交活動が楽しめる機会が広がります。

また、住宅内部以外の自然環境や交通アクセス、周辺施設などの条件を考慮して、魅力的な住環境を選ぶことができます。

中古住宅のメリット

  1. 価格

    中古住宅は新築住宅に比べて価格が抑えられる場合があり、同じ予算で広い敷地や広い間取りの住宅を購入することができる可能性があります。

    中古住宅は既に建っているため、新築住宅のように建設が完了するまで待つ必要がありません。購入後すぐに住むことができるため、急な引越しや新しい環境への適応がスムーズです。
  2. 立地条件

    中古住宅は既存の住宅地に存在することが多く、交通の便や生活環境など、整備された立地条件を享受できる場合があります。
  3. リノベーションの可能性


    中古住宅は自分の好みやニーズに合わせてリノベーションすることができ、アイデアやセンスを反映させた住まいを作り上げることができます。

    また過去の時代の建築スタイルやデザインが残されていることもあります。歴史的な要素や個性的なデザインがある住宅は、独自の魅力を持っていることが多いです。
ただし、新築住宅と中古住宅にはそれぞれデメリットも存在します。新築住宅は価格が高く、建設中の騒音や周辺環境の未整備などの課題もあります。一方、中古住宅は建物の経年劣化や設備の老朽化、リフォーム費用の必要性などが考慮される必要があります。

それぞれのメリット、デメリットを踏まえた上で当社のモデルハウスとリノベーション住宅を見てみましょう♪
池田リノベーション住宅
宝来ウエストモデル
宝来イーストモデル
鳥取大通38モデル
鳥取大通19モデル
鳥取大通18モデル
石邑 隆英

石邑 隆英
ISHIMURA TAKAHIDE

↑ページ先頭へ