Loading...

寿ホーム

十勝・帯広の注文住宅・リフォーム・リノベーションなら「寿ホーム」

お知らせ
イベント情報
見学会の
お申し込み
お問合わせ
資料ご請求
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. お手入れ
とりあえず、自動車は乗れれば良いと思っている
建築技術科の小野寺です。

でも、出来ればきれいに乗りたいもの。
そこで、愛車のヘッドライトのくすみを 解消しようと思い立ち、
以前購入していた、「ヘッドライトスチーマー」という商品を試してみました。
簡易的な施工キットで、7~8,000円くらいでした。





現在のヘッドライトカバーはガラスではなく、ポリカーボネート製が採用されております。
メリットは、事故の際に 欠片が飛び散らない、形状が自在でデザイン性が向上する(LEDのおかげもあります)、
ガラス製より軽い、等々というものがあります。
しかし最大のデメリットは、樹脂製ゆえ 紫外線劣化をおこすという事。
私の愛車もこの通りの状況です。





さて、下地処理として カバーにヤスリ掛けをしていきます。
思い切って ゴシゴシ・・
どんどん真っ白になっていく・・・
このあたりで、「ちゃんと きれいになるのかな?」と不安がよぎりますが、後戻りはできません。





下地処理が終わって、スチームを吹き付ける準備が整いました。
スチーマーの中の薬剤が、ヤスリ掛けで細かく傷ついたカバー表面を
溶かして平滑にしていくという仕組みです。
薬剤は、人体に害のあるものなので マスクと手袋は必須!






作業状況は動画で見ていただきたかったのですが、
吹き付けたところから みるみるうちに、きれいに透明になっていきます。
・・これは、・・・楽しい!!


仕上りはこんな感じで、作業前と比べると全然違いますね!
「中身って、こんなデザインだったっけ?」は、この作業の あるあるです。





ちょっと消え切らなかったヤスリ傷は残っていますが、おおむね満足、
全工程で 4時間ほどかかりましたが、
30°超えの 天気の良い日に、汗だくになりながらやった甲斐がありました。

※作業動画は、YouTubeで いろいろな方がUPされているので興味のある方はぜひ!


小野寺 真哉

小野寺 真哉
ONODERA SHINYA
子どもの頃は今よりずっとおしゃべりだったと親から言われました。

↑ページ先頭へ